facebook

【心を奪われるほどに美しい生地】

【心を奪われるほどに美しい生地】

たまたま訪ねた人形屋さんで
見せてもらった生地です。

実はこれ、現、上皇后、美智子様が
儀式などで十二単を着られる時の
一番外側のお着物の文様。

それを実際のお召し物の大きさで
織り方などを忠実に再現して
出来上がった生地です。

下生地の美しさはさることながら、
文様(紫色の部分)の立体感、
光沢感、どこから見てもあまりに美し過ぎて
感動しました。

この文様の糸、輪郭部分をあえて荒く
織ってあるんです。
実際にはぼやかして織ることで、
遠くから見るとより美しく、滑らかに見える、
という、西洋の印象派と同じ見せ方で出来上がってます。

美術館に所蔵されていてもおかしくない逸品でした。

実はこの織りをできる職人さんが
廃業されたようです。
同じ織りを再現できる織り屋さんはないらしく、
目にするにも貴重な生地となってしまいました。

この美しさが世界から無くなってしまうことは
ただただ惜しい。
職人がいなくなり、技術が途絶えることで
美術品が失われるということは、
生地を見て感動したあの時間も、
一緒に永遠に失われてしまうということ。

そんなことも考えながら、
ただただ見入るばかりでした。
.
.
.
.
.
#上皇后 #美智子様 #十二単 #雛人形職人 #伝統 #伝統工芸 #日本文化 #伝統文化 #雛人形 #お雛様 #ひな祭り #ブランディング #職人 #左京 #sakyou #田村芙紗彦 #TamuraFusahiko #大人の雛人形 #静岡 #japanculture #tradition #hinadoll #Shizuoka #japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA