facebook

【水玉の生地】

【水玉の生地】


赤色のベース地に水玉の柄が入った生地
反物になった生地は、こうして広げてみると
美しいことこの上ない。


お雛様に使う生地は繊維業界では大変珍しい。
金襴(きんらん)とか、紋織(もんおり)とか、
呼ばれてます。かつては金糸を使っていたから、
金襴と呼ばれていますが、最近は
金糸を使っていた名残で、金”色”の糸を使っているだけで
本当の金糸を使った生地はそうそう見るものではありません。


それよりも、現代では、その織り方のほうが特徴になってきています。
柄を作っているのは刺繍でもプリントでもない、
縦の糸と横の糸を柄データの通りに上げたり下げたりしながら、
機械が織りなしていくことで、柄が出るようになっています。


糸の上げ下げで柄を出しているため、
糸を引っ張るとするするとほどけてしまう。
そのため洗濯ができなかったり、
くしゃくしゃにするようなことはできない、
というのがこの生地の弱点です。


短所は長所!!
この生地を使って今、
色々なことができないか試行錯誤中。


面白い商品・作品、作りたい!



———–
静岡で営む雛人形工房で活動する、
最年少 雛人形職人の
葛藤を描いたドキュメンタルインスタグラム

ぜひ、フォローお願いします!!







#最年少雛人形職人 #長所は短所 #生地 #金襴 #紋織 #雛人形職人 #伝統 #伝統工芸 #日本文化 #伝統文化 #雛人形 #お雛様 #ひな祭り #ブランディング #職人 #左京 #sakyou #田村芙紗彦 #TamuraFusahiko #大人の雛人形 #静岡 #japanculture #tradition #hinadoll #Shizuoka #japan @ 左京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA