facebook

【生地に刺繍加工すると】

【生地に刺繍加工すると】


こうなります。
お雛様の大事な加工材料🎎


下生地に、エンジ色のぼかしをかけて、
その上に桜の刺繍を施してあります。
お雛様の袖に来るように着物の縫製・
下仕込みの時に工夫するわけですね💡


お雛様になってしまうと、こういう柄は、
よく見えるようで、背景のようにぼけてしまう。
それは綺麗なお屏風やわき飾り・
お顔の美しさに視線を取られ、
雰囲気作り役でしかなくなってしまう
けど、よく見ると大変複雑で
凝ったデザインなのです🧐
この柄づくり・配色作り・雰囲気作り、が
僕たち雛人形職人の大きな仕事の一つ。


完成形を想像しながら、
この桜がどう活きてくるか、
必死に想像力を働かせる。


下生地も・色も・デザインも・組み合わせも
最初は、全部自由過ぎて、
何から組み立てていけばいいか
全くわからなかったです🙄
今でも完成するまではわからない。
完成してみても、よりたくさんの
人の目に触れてもらえるまではわからない。
ある程度は自分の中の
信念で押し通すような感じ🔥


世の中、正解がないことのほうが多い。
自分で正解にできるかどうかですよね💪


———– 

https://www.instagram.com/takuyamoc/
静岡で営む雛人形工房で活動する、
最年少 雛人形職人の 葛藤を描いた
ドキュメンタル インスタグラム🔥
ぜひ、フォローお願いします!🌟



#デザイン #雛人形職人 #伝統 #伝統工芸 #日本文化 #伝統文化 #雛人形 #お雛様 #ひな祭り #職人 #左京 #sakyou #田村芙紗彦 #TamuraFusahiko #大人の雛人形 #静岡 #japanculture #tradition #hinadoll #Shizuoka #japan @ 左京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA